« 22号のエッセー『石渡先生は今何処』について | トップページ

「澪」 22号合評会を開催しました

2023年11月26日、澪22号の合評会が編集長以下4名の同人の出席の下に開催されました。

各人の作品についての濃密な議論が交わされ、私の作品についても有益なアドバイスをいただきました。

私は毎回フォトエッセーを投稿しておりますが、インドの写真をもとにしたエッセーについて、高邁な議論でなくて良いから自分がどう思ったか、何を感じたか、生のままで良いから表出すべきとの指摘があり、その通りだと思いました。

また、最後のインド人の幼い兄妹の写真を撮った際に、「貴方はこの写真を撮った時に、相手に対して何らかの不安、恐怖を与えた自覚はあるか、もしあったとしたら、あなたは相手の人生に対して何らかのコミットをしたことになることを自覚すべきです」と言う指摘を頂きました。写真を撮るということは、そのような重みをもつ場合があることに気付かされました。

(ん)

| |

« 22号のエッセー『石渡先生は今何処』について | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 22号のエッセー『石渡先生は今何処』について | トップページ